awk終の住処

電脳小物をこよなく愛して

旬の食材:河内晩柑いただきました

今が食べ頃の河内晩柑をいただきました。

写真の左は平均的な大きさの350g、右は大物で550gありました。600g超の物もあったのですが、写真を撮る前にうっかり食べちゃいました。

f:id:awk:20190721020507j:image

 

和製グレープフルーツと言われる河内晩柑は、美生柑や宇和ゴールド、愛南ゴールドなど、大人の事情で様々な商品名が付けられていますが、全部同じ物です。今の時期ですと、青味がかった物をよく見かけますが、気温上昇の影響で一旦黄色くなった皮が青くなっているだけで、中は熟れています。品物を選ぶ際、色は気にしなくて大丈夫です。

 

生食はもちろん、お菓子作りの視線で考えると、ゼリーやジュレママレードに良さそうですが、産地の方々は焼酎に半分に切った河内晩柑を手で絞って入れ、焼酎割りにして楽しまれるそうです。一度試されてはいかがでしょう。