awk終の住処

電脳小物をこよなく愛して

東京拉麺株式会社「miniSPA ペペロンチーノ」

awk2005-03-19

 お待たせしました、「ペペロンチーノ」の試食です。

パッケージ

 写真では大きさが分からないと思いますが、一辺が11.1cmしかありません。それを除くと普通の焼きそばのパッケージと同じで、お湯の排出口もしっかりあります。色合いに関しては見事なまでにストレートなパッケージです。それ以外にコメントは必要ないですね。

調理

 蓋を開けると、あらシンプルに麺と粉末スープが一つ。これでなにをせよと。
蓋の調理方法を確認します。えっ、「ラーメン風食べ方」、「パスタ風食べ方」それぞれ書いていますけど、要はラーメン風はお湯を捨てず粉末スープを全部溶かす、パスタ風はお湯を捨てて粉末スープを半分入る。。。。


今日はパスタ風に挑戦するとしましょう。お湯を入て3分経ったらお湯を捨てるのね。スープの口を切ると白っぽい粉末に赤と緑の粉が混ざってますね。材料の欄に書いてあった、赤ピーマンとパセリ、バジルというのがこれでしょう。半分に分けるのが難しいですが、まあ適当に入てしまいましょう。
ふむ、匂いは、、、、良く分かりませんが、パスタ、それもペペロンチーノの感じではありませんね。混ぜていると、塩焼きそばみたいです。
とにかく、食べてみましょう。

試食

 はい、塩焼きそばです。バジルのせいか、すこし香りはしますけど、ペペロンチーノという名前から連想する味とはとんでもなく掛け離れてます。麺は普通のフライ麺ですが、スープの絡みがよくていいのかもしれません。ラーメンでも食べられるようになっているためか、焼きそば系にするとつるっと感がある方ですか。


この商品はもともと子供向けのおやつ商品ですから辛さは使えないのでしょうけど、名前についてはもう少し捻って欲しかったですね。

総括

 おいしいということは無いですが、ちょっと話のネタに食べるだけなら良いでしょうね。2個買っておいたので、次はラーメン風にしますが、その次をいつにするか、それが微妙です。